「羽生」祭り

フィギュアスケートの羽生結弦くん。
金メダルでしたね!
いや~。
ニュースで観ましたけど、鬼気迫る演技ですごかった。


さて、今日はクリニックの後レッスンに行きましたので、気になる羽生くんの結果はスマホでネットニュースで知りました。
でもね、今日はもう一人の「羽生さん」も勝負の日だったのです。


おなじ「羽生」と書いて「はにゅう」くんと「はぶ」さん。
そう、将棋の羽生さんも話題の中学生棋士 藤井5段と対局だったのです。


ネットニュースを見ていたら「羽生さんが負けた」とかあって、「え!羽生くん金メダルとれなかったのか!」と思ったり。(笑)
まあ結果は皆様ご存じの通り、「羽生結弦」くんは金メダル、「羽生さん」の方は惜しくも藤井5段に敗れてしまったのですけどね。

日本の男子フィギュアでオリンピックで金銀を独占する日がくるなんてすごいですね。
日本人は表現力が。。。って過去は言われておりましたが、いやいや表現力は秀でたものがありますね。
羽生選手も宇野選手も、美しい印象的な演技でした。
そして将棋の羽生さんは残念!
昔から応援しているんだけどな。


今日から明日にかけてはフィギュアのと将棋のニュースでもちきりなんだろうな・・・。




[PR]
# by paradise-s822 | 2018-02-17 20:39 | 日々の出来事 | Comments(0)

久々夫と外食

我が家は夫婦でお出かけは基本的にあまりないのです。
夫婦で趣味がまったく違いますので、一緒にお出かけする必要を感じない。
お互い自分の好きなことをしたいがために、相手のことは干渉しません。
ですが!
ときどき、「やっぱり夫婦だからたまには一緒にお出かけしたほうがいいんじゃない?」みたいな気持ちになるんですよね。
その周期が二人が同じなので、トラブルはないんですけどね(笑)


そういうわけで、本日は午後からのレッスン後に、心斎橋で夫と待ち合わせしてお出かけでした。
鉄板焼きです~。

d0362614_19514502.jpg
d0362614_19514372.jpg

他にも色々ありましたが、お昼を食べていなかったので、がっついてしまい、これだけしか写真を撮れませんでした。
休日は昼間にレッスンに行くことが多く、お昼は食べないんです。
お腹が空っぽのほうが、体がよく動くんですよね・・・。


お食事の後は、道頓堀までお散歩・・・。

d0362614_19513967.jpg

ものすごい人でしたよ。
アジアからの観光客も多く、ごった返した感じ。
明らかに三ノ宮とは雰囲気違いますね~。
そして、心斎橋筋から地下鉄心斎橋駅まで散歩し、御堂筋線に乗って帰宅しました~。
久々のデートは楽しかったなっ。


レッスンも有意義でした。
やっぱり肩甲骨の意識でものすごく体のコントロールが楽になりました。
肩甲骨をあげないよう意識することで、逆に丹田あたりはぐっと引き上がる。
膝も伸びる・・・。
この意識をずっと持ち続けないといけませんが・・・。
振付が複雑になるとついつい意識が飛ぶんですよね・・・。


さて、それから・・・。
今夜お風呂に入ろうとふと洗面台に映る自分の背中を見ましたら・・・。
ものすごい背筋になっておりました。
ジムでトレーニングしておりませんし、自宅で筋トレもしてません。
バレエのレッスンだけです。
背筋が浮き出てる・・・。
更に全身の体つきが変わってきたように感じます。
脚の形が明らかに変わった・・・。(細くもなりました・・・)
腰回りの肉がなくなった・・・。
ブログでご紹介しているように、そもそも食いしん坊なので、かなり無頓着に食べてますし、バレエでしかうごいてません。
長~いことバレエをやってますが、やっと体が出来てきたってことなんかな??


さて、明日は連休最終日。
連休ラストは家でまったり過ごすつもり。
色々気になるところがあるので、お片づけしま~す♡




[PR]
# by paradise-s822 | 2018-02-11 23:38 | 日々の出来事 | Comments(0)

ポアントレッスン

今日はあいにくの雨でしたが・・・。
午後からオープンクラスのレッスンに行ってまいりました。
雨のせいか人数少なめ。
あんまりいっぱいあっぱいより、少なめの方がなんか落ち着く。


さて、新しいポアント、グリシコの「ドリーム」ですが・・・。
なんか、踵が脱げそうになります。
今日は松脂をかかと部分にぬって滑りにくくしてレッスンしましたら、安定してました。
もう少し加工に工夫が必要ですね。
今回で履いたのは4回目くらいですが、だんだん馴染んできて踊りやすくなってます。
いい感じです。


さて、バレエでは引き上げが大事ですが、もう一つ足を突き刺すことも大事です。
先生方はよく「床をしっかりつかんで!」という表現をされますが。
最近、肩甲骨の使い方を習得中で、足もそうですが、主に腕を中心に気を付けておりました。
で、気づいたこと・・・。


肩甲骨をあげないようにしたら、骨盤から下が安定し、足も床を突き刺す感覚がわかる・・・。
丹田から上は引き上げる。
肩甲骨は上げない、むしろ下げる。
耳の後ろあたりを意識し、背骨がぎゅいーんと伸びる感じで体の後ろ側を引き上げる。
呼吸は吐くことを意識。すると下方向への力を意識できる・・・。


そうしましたらね。
ポアントで立ったまま、いつまででも安定している・・・。
この意識でいると、ポアントでアラベスクして、ドゥミを通ってアテールプリエで下りる・・・というのも簡単にできる。
ポアントのコントロールがしやすい。


自分の体を上に引き上げる意識は簡単にできるんですが、下方向への意識って意外と難しいんですよね。
でも、肩甲骨を意識すると、下方向への力が入りやすい・・・。


やってみると意外と簡単なことでした。
今日は全体的に安定しておりました。


d0362614_21075149.jpg

レッスンの帰りに、これかいました。
チョコレート。
なぜ二つ??(笑)
上が大きく、下がちょっと小さいんです。
うふふ・・・。





[PR]
# by paradise-s822 | 2018-02-10 21:51 | バレエ | Comments(0)

それは私の悪口ですね

職場で一緒の日に派遣で入ったおばさん。
実は60歳過ぎていらっしゃるんですよ。
その前は定年までよいところにお勤めだったようですが、そこで再就職させてもらえなかったとか。


とにかく強烈な人で、自分の自慢話がすごい。
私のことなんか、完全に格下扱い。
いえ、いいんですよ、なんでも。
仕事さえきちんと遂行できれば。
でも、仕事が・・・できないんですわ。


指示を受けても1秒後に「ねえ、今なんて言ったか教えて」という。
なんですと??
あなた、「わかりました」って言いましたよね!
さらに、指示された仕事が彼女の中でほかのものに変換され、指示とは違うことをする。
あとで、指示と違ったことを指摘されると、「そんなこと聞いていない」と激怒。
うまくいかないことは「指示の仕方が悪い」ときた。
言われた仕事を勝手にアレンジし、結局手直しをしなくてはいけなくなったり。
もう足手まとい以外の何物でもない。


先週など、自分がすべき仕事を忘れてしまい。
それを私が指摘すると「私、どうしたらいいんですか?」ときた。
時間は退社間際。
結局彼女がやろうとしないから、私が残業するしかないか・・・ってことで。
しかし、残業するには職員の許可が必要。
となるといきさつを説明せざるを得ない。
ま、当たり前ですよね。


今日、昼休みに廊下で大声で電話してましたよ。
「信じられない!〇〇さんに告げ口するなんて、いい人だと思っていたのに、あんなふうに私の悪口言うなんて!」と聞こえてきました。
どうやら私のことのようですよ。
あれは「告げ口」ではなく「報告」「説明」なんですけどね。


どうりで前の職場で再就職させてもらえなかったわけだ。
恐らく彼女が在職中には、周囲は大変迷惑だったことでしょう。
彼女は次の契約はされません。
まだ彼女の耳には入っていないかもしれませんが。
私のせいでもなんでもないんですけど、ものすごく恨まれそうで怖いですね~。
ま、どうでもいいですけどね。


年齢を重ねても、謙虚であること、醜い言葉を並べ立てないこと。。。気を付けたいですね。
考えていることや性格は顔に現れる・・・。
本当にそうだな・・・と感じております・・・・。






[PR]
# by paradise-s822 | 2018-02-06 21:15 | 仕事 | Comments(4)
職場で色々ありまして。
変なおばさんから嫌がらせを受けております。
あ、私もおばさんか!
まあ、それはおいといて。


ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝に、私が初めてバレエを教えていた小池バレエスタジオから2名選ばれました。
今夜、今現在決勝が行われております。
日本人のファイナリストは2名でしたから・・・。
快挙ですよね。
昨年も1名決勝進出しておりますので、レベルの高さがうかがえます。
フェイスブックの決勝開始10分前の動画には、決勝に進出する二人と主催先生が映っておりました。
私、こんなすごいところでバレエやってたんだ・・・と今さらながら驚き。


大人から始めたバレエですが、当時は大人のオープンクラスなどなく、上手な人を見て覚えてね、な世界でした。
一般科という、大人も参加できるクラスはありましたが、プロになる子やコンクール上位入賞者たちも来ていたので、まあものすごい混とんとしたクラスでしたよ。
当時はバレエのポジションも知らず、パの名前を分からないので、前で踊る研究科の女の子たちをガン見しながら真似してました。
当然視線は足に集中し、背中も落ちるし脚も上がらないし、目も当てられない状況だったと思います。
それでも、完璧な見本があるというのは本当に良い環境だったと思いますよ。
また彼女らに注意する先生の言葉もいまだに覚えてますし。
自然とマナーも身につきますし。
最初は若干肩身の狭い思いもしますが、結果的には手取り足とり教えてもらうより、上達は早いんじゃないでしょうかね~。


ローザンヌではレッスンの様子はすべて動画配信されております。
それを見ると、「決勝に進めるな」とは思っておりました。
そう、おかげさまで目だけは肥えてます(笑)

この教室は広島・山口では一番大きなスタジオだと思います。
そういうところだとは知らずに入ったんですけどね。
結婚して広島を離れてからも、たまに帰省した際にレッスンに行くんですよ。
そしたら、主催先生が「レッスン料はいらないから。あなたが、ここで始めたバレエを好きになってくれて、ずっと続けて今もこうしてレッスンに来てくれることが何よりうれしい。」と仰るんです。
そう、精鋭たちが集まる厳しい場所ではありますが、大人の私たちにも暖かい場所でもあるんです。
何年か前にレッスンに顔を出した時には、今夜決勝に出る男の子がいました。
ジャンプか高くてレベル高いな~と感動したんですよ。
でも、まさかローザンヌの決勝に進むまでに成長したとは・・・。
10代の成長は凄まじいですね。


さて、私はこんなん買いました。

d0362614_22320805.jpg

フォームローラー。
レッスン後にこれで筋膜リリースします。
ストレッチにも使えますよ。
寒いので、発表会のリハをめっちゃサボっておりまして。
(他のレッスンは行っているんだけど)
でも、そろそろ本腰いれんとな~ってことで。
スタジオから振付動画送られてきましたが、最初の1分で撃沈。
これ、踊れるのか??(笑)
いえ、踊りますけどね。
頑張りますけどね。


さて、明日もレッスンです。
発表会のリハには明日も行きません(笑)
来週から本腰入れます♡







[PR]
# by paradise-s822 | 2018-02-03 23:14 | バレエ | Comments(0)

50代の働く主婦です。バレエと出会い、人生が変わりました。


by sanemori